脱毛したいけど予防接種もしたい。

小さいお子さんがいるご家庭や、受験生、なかなか休みが取りにくいお仕事の人などは、年に数回予防接種を受ける機会があるかと思います。一昔前は予防接種した日はお風呂に入らないように、なんていう注意もあったかと思います。予防接種後にはちょっと身体のことを気にかけてあげるといいのかもしれません。そんな中脱毛に出掛けると、健康状態について確認されることがあります。特に副反応がなく元気なつもりでも、病原体ワクチンを注射した状態で健康と言い切っていいものかどうか…脱毛に通っている最中の予防接種、なんらかの影響はあるのでしょうか?

実はほとんどのサロンで”予防接種の後は一定期間脱毛できません”というルールがあります。期間はサロンによりますが、おおよそ1週間から10日間ほど。そもそも脱毛の有無に関わらず、予防接種の後に微熱やだるさといった体調不良を起こしたことがある人もいると思います。これは体内で病気に対する抗体を作っている、つまり病原体と戦っているような状態になるからです。予防接種を受けた後、自分では健康そのもののような気がしていても身体には多かれ少なかれ影響があるんですね。肌も同じです。普段と同じように見えていても、実は肌バリア機能が下がって敏感になっていたり注射した箇所が赤くはれてしまったりと少なからず影響はあります。

どんな脱毛方法であっても、肌にとっては決して弱くない刺激です。肌トラブルを避けるためにも、より安心安全にお手入れできるように”予防接種後は脱毛できないこと”が脱毛時のお手入れ条件に含まれているのだそうです。それなら逆に予防接種前に脱毛をしてしまえば…と思う方もいるかもしれませんが、これも禁止しているサロンがほとんどです。予防接種の前後は少し脱毛をお休みして、十分に肌と体を休めましょう。脱毛の始め時と言われている秋冬は、インフルエンザの流行シーズンでもあります。予防接種と脱毛の予定が重ならないように、上手にスケジュール管理をしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ