脱毛の種類によって効果に違いはあるの?

脱毛の種類によって効果に違いはあるの?

 

脱毛と一口に言っても、いろんな種類があるのはご存知ですか?脱毛できる場所も、TVCMで目にするような脱毛サロンだけでなく医療機関だったりと様々。それではどんな脱毛方法があるのか、いくつかご紹介していきたいと思います。まずは自分でできる脱毛方法から。セルフ脱毛には家庭用脱毛器を利用します。永久脱毛のような効果を狙うのは難しいですが、サロンに通う時間や交通費が節約できるだけでなく、人に見られずに好きな範囲を処理できるお手軽さが魅力です。次に、クリニックで行う脱毛方法について紹介します。

 

これには大きくわけて3つ、光脱毛・ニードル脱毛・レーザー脱毛といった種類があります。光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれる方法で、厳密には減毛・除毛を目的とするものです。多くの脱毛サロンで採用している方法で、メラニン色素という黒色つまり毛根に特殊な光を当てて細胞を壊すことで、毛を再生しにくくします。

 

脱毛の種類によって効果に違いはあるの?

 

比較的痛みが少なく施術時間も短いですが、脱毛の仕組みから皮膚と毛の色にあまり差がない場合や薄い毛の場合は思ったような効果が得られないこともあります。次にレーザー脱毛です。レーザー脱毛も光脱毛と同じ仕組みですが、皮膚科や美容外科といった医療機関での施術となります。痛みが伴うので、お医者さんによっては麻酔を行ってくれる場合もあります。デリケートな肌に関することなので、お医者さんが施術してくれる安心感は魅力です。その一方で、医療機関はサロンに比べて店舗数が少なく、土日祝日が休みだったり休診時間が短いといったデメリットもあります。

 

最後に、ニードル脱毛。現在ではあまり聞かなくなった方法で、電気脱毛とも呼びます。これは毛穴に特殊は針を刺して電気を通すことで毛乳頭を破壊する脱毛方法です。毛穴ひとつひとつに針を刺すことから施術にはかなりの時間がかかること、痛みがかなり強いこと、料金が高いことなどから施術できる場所はだんだんと少なくなってきました。脱毛方法選択の見極める際には、自分の毛質に合った効果的な脱毛方法を選ぶことはもちろん、自分の生活リズムの中で続けられるかどうかも考慮した方が良さそうです。