腕にホクロを発見!脱毛ってできる?

腕にホクロを発見!脱毛ってできる?

 

ホクロって気づけば増えていたりしますよね。脱毛しようと思った矢先にホクロができてしまうなんてことも…でも、脱毛範囲が広範囲であればあるほど、ホクロのひとつやふたつあるのが普通です。では、ホクロがある場所を脱毛したい場合はどうするのでしょうか。光脱毛やレーザー脱毛では、メラニン色素に反応する光を照射することで毛を生やす細胞を破壊します。細胞に繰り返しダメージを与えることで、だんだんと新しい毛が生えてこないようにするんですね。

 

そうしてムダ毛が目立たないようになっていく、というのが光脱毛やレーザー脱毛の仕組みです。レーザー光が狙うメラニン色素とは黒色のこと。つまりホクロも光の的となってしまう危険性があります。痛みや火傷といった肌トラブルを防ぐために、光脱毛では脱毛したい範囲にやや大きなホクロがある場合はパッチシールなどで覆い隠して、光が当たらないようにしてくれます。

 

腕にホクロを発見!脱毛ってできる?

 

一方で、医療レーザー脱毛では小さなホクロに関してはそのまま照射してしまいます。医療レーザー脱毛で現在主流の「アレキサンドライトレーザー」は本来シミ治療のためのもの。シミ治療目的の場合とは照射する出力も時間も異なるため、完全にホクロが消えるわけではありませんが、照射前よりホクロが薄くなることもあります。では、ホクロから生えている毛を脱毛したい時は、どうしたらいいのでしょうか。前述したようにレーザーは使えませんが、電気脱毛ならホクロに生えた毛も脱毛可能です。電気脱毛とは、毛穴ひとつひとつにごく細い針を刺して一瞬電気を流すことで発毛するための細胞を破壊するという脱毛方法です。

 

時間や費用がかかり、レーザーを用いた脱毛に比べて痛みが強いことから現在ではあまり主流ではありません。ですが、特殊な針で皮膚には電気が流れないようにして火傷や色素沈着を防ぐといった工夫もされてきており、下火となった脱毛方法ながら電気脱毛も進化しています。クリニックによっては、麻酔クリームや麻酔シートで施術時の痛みを和らげてくれるところもありますので、不安がある場合は事前によく確認してみましょう。