口周りの産毛を脱毛したい。

口周りの産毛を脱毛したい。

 

口周りの産毛って気になりますよね。会話するときに嫌でも視界に入ってくるこのムダ毛、生えていては絶対にNGな部分ともいえます。うっかり自己処理を忘れて恥ずかしい思いをしないためにも、永久脱毛してしまうというのもひとつの手です。口周りの脱毛、主に鼻の下のムダ毛は腕や足の毛に比べて細く薄いとはいえ、目立ちやすいもの。きちんと処理をすれば化粧のりがよくなるのはもちろん、肌も湾トーン明るくなっていいことづくめです。

 

それでは、口周りの脱毛にはどういう方法があるのでしょうか。まず自己処理の方法として一般的なのは、カミソリや電気シェーバーの利用です。始めるための値段もお手頃で、毛の太さにかかわらずまとめて素早く処理できるのが魅力ですね。カミソリで処理する場合は、顔に傷がつかないようにシェービングクリームを利用するといいでしょう。

 

口周りの産毛を脱毛したい。

 

ちなみに、毛抜きを使っての自己処理は、時間がかかる上に肌への負担が大きく、炎症や毛穴の広がりにつながることも多いのでやめた方が賢明です。同じ理由で、脱毛テープやブラジリアンワックスといった除毛剤の利用も、肌を痛めるので顔のムダ毛処理では使わないようにしましょう。綺麗に仕上げたいなら、脱毛サロンやクリニックで専門家にお願いするのも一つの方法です。口周りのムダ毛を自己処理すると濃く見えてしまう人や色素沈着を起こしてしまった人も、サロンで脱毛してしまえば大丈夫。通う手間や期間はかかりますが、ムダ毛を処理し続けるのが面倒だという人はサロンでの脱毛が向いているかもしれません。

 

ちなみにサロンでの脱毛は光脱毛、クリニックではレーザー脱毛という方法を用いています。どちらもメラニン色素という黒いものに反応する光を当てて、毛を育てる細胞を破壊することで段々と新しい毛が生えにくくするという脱毛方法です。ですので、他の部位に比べて毛が細く色が薄い産毛のような口周りの脱毛は、施術回数が多くなったり思っていたより効果がでないということもありますので注意しましょう。それぞれの脱毛方法のメリットデメリットを考えて、自分の毛質に合ったムダ毛処理をしましょう。